暁亭

箱根 暁亭 ~ 一世紀を乗り越えて・・ ~

暁亭は、明治40年(1907年)古希を迎えた元勲山縣有朋公が小田原の西郊板橋の地に建てた別荘「古希庵」の一郭に、貞子夫人の為に設けた離れ家でした。昭和末期に取り壊される運命でしたが須雲川に面し、湯坂山を眺望する現在の地に、当時建物を取得した箱根湯本ホテルが移築し「暁亭」として現在に至っております。
尚、2005年7月に、国登録有形文化財に指定されました。
明治時代の日本家屋で、お食事をお楽しみいただけます。

(2020年 7月開業予定)